住み替え売却|横浜市の戸建て・マンション売却の事ならフォーティセブン不動産へご相談ください。不動産の購入もお手伝いいたします。

フォーティセブン不動産株式会社
売却相談フォームはこちら

住み替え売却

住み替え売却

家族が増える、手狭になった、親と住むことになったなど、今お住まいの不動産を売る必要が出てきてませんか。
住み替えのやり方には2つの方法があります。
(1)先に新居を契約する(買う)方法
(2)先に今のお住まいを売却する方法
現在の住まいの住宅ローンの残りが無い、又はローンの残りが売却額より下回る方お客様は、(1)の先に新居を契約して(買って)入居してから売却活動を始めれば、スムーズに住み替えができます。

でも、現状はローンの残りが売却金額よりも上回り手持ちのお金で足りない分を埋めようと思ってもローンが残ってしまうお客様が多くいらっしゃいます。
この場合の住み替えには以下の3つの方法があります。
ローンが残った場合の3つの住み替え方法
(1)先に今のお住まいの売却契約を済ませてから、新居を探す方法
メリット

売却活動の期間を長く取れることにより、高く売却できる可能性が高くなります。
デメリット

売却の契約をしてから、1カ月〜3カ月程度の期間で物件の引渡し期限が来きます。その期間内で入居できる新居を探していくことになります。希望の物件が無かった場合は売却契約時に受け取った手付金を放棄して解約又は違約での解約になり金銭的に大きな損失になります。
(2)先に新居を契約して(買って)から、今のお住まいを売却をする方法
メリット

ほしい住まいを手に入れる事ができます。
デメリット

今のお住まいの売却が決められた期日までに出来ないと新居の契約が解約になってしまいます。
こちらも金銭的に大きな損失になる場合があります。
(3)先に新居を契約して(買って)から、現在の住まいを買取業者に売却する方法
メリット

ほしい住まいを手に入れる事ができます。
短期間で現金化できます。
デメリット

一般のお客様に売却するより売却額が安くなります。

賢く住み替えをするために

住み替え売却

一般の方に売却できれば高く売れるかもしれませんが、解約になる恐れがある。
買取業者に売却すると確実に住み替えが完了できるが売却価格が安くなってしまう。
このようなお悩みもお客様の実情に合わせてご提案・解決させていただきます。

PageTop