離婚売却|横浜市の戸建て・マンション売却の事ならフォーティセブン不動産へご相談ください。不動産の購入もお手伝いいたします。

フォーティセブン不動産株式会社
売却相談フォームはこちら

離婚売却

離婚売却

現在の日本では3組に1組の割合で離婚が成立しているといわれています。
離婚するにあたり、養育費や親権や不動産の処分等たくさんの決めごとをする必要があります。
考えがまとまってからの行動をお勧めいたします。
Check お互いに別れる話し合いはできていますか?
Check お子様の養育費や土地建物についての取り扱いについて話し合いはできていますか。
Check 離婚後の生活(生活費)についてビジョンはありますか。
決断をした時には、離婚の相談はまず弁護士を思い浮かべる方も多いかと思います。
離婚に際してもめてしまい、両人で解決できない場合は弁護士に相談するべきです。
しかし、決めごとに対してお互いに合意している場合は弁護士ではなく行政書士で対応する事ができます。
もちろんお客様のご希望により専門家をご紹介させていただきます。
どちらの専門家に依頼されても、不動産の売却には不動産会社へ依頼することになります。

離婚の相談

不動産の処分でトラブルにならないために

離婚売却

離婚に際しては色々な決めごとがありますが、中でも今まで住んできた不動産をどう処分するのかは重要です。売却を予定しているなら、最初にどのくらいで売れそうなのか査定額を知ることが先決です。
また、土地建物の所有権を移転して、どちらかが住み続ける方法もあります。
その場合、実際の不動産価値を調べて適正な価格を元に移転しないと、贈与税等の色々な問題が発生します。また、住宅ローンの残りの有無でも移転の方法が変わってきます。
まずは、ご自身の不動産の査定額を知って売却のプランを立ててください。
その為にも正確な査定額が提示できる無料訪問査定をお勧めします。

PageTop