家を売却するときに気をつけるべきこと|家売却を泉区でお考えならご相談ください。

フォーティセブン不動産株式会社
売却相談フォームはこちら
space

FAQ

家を売却するときに気をつけるべきはどんなこと?

かなり迷いましたが、やはり自分たちが本当に住みたい家を手に入れるには、親が残してくれた泉区の実家を売却して、新しい土地を買って家を新築するのが一番だという結論に達しました。
一生のうちで家を売る機会はもうないと思うし、家を売るにしても建てるにしても人生の中で最も大きな取引になることは間違いないので、絶対に失敗や後悔だけはしたくありません。
家を売却する際に気をつけるべきはどんなことでしょうか?自分で家を売ることは無理なので、専門業者の力を借りようと思っています。

ANSWER

まずは複数の不動産会社に家の査定をしてもらいましょう

家の売却は通常不動産会社を通して行うことになります。不動産会社によって、同じ家でも査定額が異なるため、まずは複数の不動産会に家の査定をしてもらうことからはじめてください。
泉区にも数多くの不動産会社があり、会社によって査定価格以外にも対応の仕方や家の売却方法も異なります。
今ではインターネット上から各社のホームページを見ることができて、そこで各社の情報も調べることはできますが、実際に会って話してみないと分からないこともあるので、はじめから1社に絞らないで、できるだけ多くの会社に問い合わせてみましょう。
家の売却を依頼する会社も1つに絞る必要はありません。不動産会社と結ぶ媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があって、複数社に競わせて家を売ることもできます。
専任での契約を結んでしまうことにもメリットはありますが、そうすることで家を売れにくくしてしまうこともあるので、契約の仕方には注意しなくてはいけません。
家の売却は不動産会社に丸投げしても良いですが、購入希望者が内覧に訪れる際には印象良く対応しなくてはいけません。現在空き家になっていなければ、不動産会社に任せていても内覧に立ち会うことになる可能性が高いので、できるだけ印象良くふるまいましょう。
家の中が散らかっていることでも印象を悪くしてしまうので、内覧の前には極力家の中を片付けて出迎えるようにしてください。他人の家を訪れると臭いも気になることが多いため、消臭対策にも気をつけてください。
家が売れることが決まったら、売買契約書の内容をしっかり精査してください。売買契約書には取引額の他にも、引渡しの日にちや買主と相談のうえで決めた内容が細かく書かれています。大きな取引なので絶対に不備や間違いがないように、細部にわたりチェックしなくてはいけません。

PageTop